移動販売車・キッチンカーを開業する流れとは?

移動販売車・キッチンカーを開業するまでの流れの写真、その1

今回は実際に移動販売車・キッチンカーで開業する際に必要な届け出や取得しないといけない資格なども合わせてお伝えできればと思います。

保健所への申請

あなたがどこで移動販売車・キッチンカーを出したいのか?によって届け出る保健所がことなりますし、その都道府県や市町村の保健所によって衛生対策の仕様が異なります。

まずは、どこで営業したいのか?を明確にすることが必要です。私も店舗OPENの際に保健所の申請を自分でしましたが、かなり面倒だったのと担当者によっても言う事が違い大変だったです。そして何より開業前の忙しい時に、に多くの時間を取られました。

製作会社によっては、有料で代行してくれる業者や、移動販売車・キッチンカー製作を依頼すれば、無料で代行してところもあるので、できれば代行してもらう事をおススメします。

移動販売車・キッチンカーを開業するまでの流れの写真、その2

食品衛生責任者

これも、開業したい都道府県での取得が必須のものになります。
例えば、東京都と埼玉県両方で営業したい場合は必ず、両方の担当の方へ確認をしましょう。都道府県やその時により制度等が違う場合があります。
公益社団法人日本食品衛生協会
http://www.n-shokuei.jp/outline/sisho.html
受講日は事前予約制なので、早めのご準備をおススメします。ちなみに受講は有料で、テストをする都道府県もあるそうです。

材料の仕入れ先の選定

開業前に材料の仕入れ先もしっかり押さえておきたいですね。
最近では、業務用食材が手に入るお店も増えてきていますが、会員制の卸業者もあります。
食品だけではなく包材も併せて調達できるところも多いので、あなたの近所にはどんなお店があるのか?リサーチしてみましょう。

出店場所

移動販売車・キッチンカーを開業するまでの流れの写真、その3

提供するものにもよってある程度固定の場所の方が良い場合とイベント会場に出店する方が良い場合があります。最近では、イベント出店情報をネットで検索できるので、便利になりました。大体どこに出店するのか?はある程度開業前に準備しておくと安心です。
イベントには一般企業や団体開催のものや、自治体開催のものもあるので、よく調べてみてください。その開催ごとに、出店料や条件なども違います。もし、どれくらいの来客数があるのか?わかりづらければ、去年の実績なども調べてみるのもいいかもしれませんね。

税務署への申請もお忘れなく!

移動販売車・キッチンカーを開業するまでの流れの写真、その4

忘れがちなのが税務署への申請。移動販売車・キッチンカーで開業をするのは、個人事業主になるので、開業届が必要になります。
「個人事業の開廃業等届出書」は国税庁のホームページより
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

これを忘れると、控除額が全然違ってきます。税務署へは必ず、「青色申告承認申請書」を開業してから2か月以内に提出しましょう。郵送でも提出できるそうなので、詳しくは国税庁ホームページをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm
青色申告をするには、帳簿をつける必要があるので、お金の出入れをまとめておきましょう。
開業準備にかかった費用もまとめておくのがおススメです。