飲食店を始めるには大きく分けて2つ。店舗で始めるか?移動販売車(キッチンカー)で始めるのか?の2種類があります。そこで、最近話題の移動販売車(キッチンカー)。なぜそんなに人気なのか?ここではどんなメリットがあるのか?本当にデメリットはないのか?分かりやすく実際の店舗と比べながらご紹介していきます。

移動販売車・キッチンカーのメリットとは?の写真、その1

1.初期費用の低さがメリット

店舗の場合、敷金礼金はもちろん店舗内装費、飲食の形態によっては、厨房のグリストやお客様が使用するトイレや手洗い所と厨房用の手洗い所に加えて自分の店舗が通行する人に分かるように大きな看板や電飾など店舗に対する初期費用が高くなる傾向があります。また、店舗が広い場合はホール係のバイトを雇う等の経費に加え毎月の家賃もかかります。また、客入りが悪く場所を移動する場合は原状復帰の工事をしないといけない場合が多いので、店舗を契約する前にはその場所の事前調査をしっかりする必要があります。

移動販売車・キッチンカーのメリットとは?の写真、その2

逆に、移動販売車(キッチンカー)の最大のメリットは、初期費用が低い事にところです。そして敷金礼金はありませんし、毎月の家賃もありません。
(イベントや固定の出店場所を借りる時には出店料や家賃は払う場合もあります。)

店舗で必要な厨房のグリストやお客様が使用するトイレや手洗い所を作る必要もありません。
(厨房の手洗い所は営業予定の場所の保険等にご確認ください。)

厨房と店内を分けていないので、専用のホール係はいらないので人件費も抑えられます。

ただ、メニューによって移動販売車(キッチンカー)内だけで完結できない物に限っては、事前に仕込み場所が必要な場合がありますので、その際は、場所を借りる必要がありますが、最近のニュースでは夜のみ営業の居酒屋の厨房を時間借りしている事例も、また、厨房を借るにしても、店舗1つ借りるより安価で借りる事が可能な事がほとんどです。

2.場所と時間

これも移動販売車(キッチンカー)の最大のメリットと言えるのですが、店舗ではお客様が来るのを待たなくてはいけませんが、お客様がいる場所へ移動できます。ビジネス街や公園、学校や公共施設、イベント会場への出店に出店できるのも魅力的です。
時間帯によって場所を変えることも可能です。

移動販売車・キッチンカーのメリットとは?の写真、その3

例えば、昼はビジネス街でお弁当、夕方はクレープなどもできます。
路面店が「待ち」に対し、移動販売車(キッチンカー)は「攻め」ていくことが出来るのです!

3.看板・機材を変えるだけでメニューチェンジ!?

これはあまり知られていませんが、移動販売車・キッチンカーは、看板・機材を変えるだけで、業態を変えることができます。これを店舗でやろうとしたら、相当のコストと時間がかかるでしょう。

移動販売車・キッチンカーのメリットとは?の写真、その4
例えば、クレープ屋さんから、から揚げ屋さんへというメニューチェンジをするには・・・?
・店舗:内装や外装、機材だけ、看板も変更、もしかするとスタッフの制服も変更かも知れませんね。
・移動販売車・キッチンカー: 機材や看板の変更。
もちろんどちらも材料や作業のオペレーションの変更はあるかも知れませんが、かなり 移動販売車・キッチンカーだと、手間とコストが減ると思いませんか?