理想の移動販売車・キッチンカーを手に入れるには、大きな金額を支払い、自己資金で足らなければ、ローンや制度融資を組んで支払うなど、簡単ではありません。そしてその中でも新車での移動販売車・キッチンカーは、製作前に注意する必要がいくつかあります。

移動販売車・キッチンカーを製作する際の注意点の写真、その1

今回どのような点に気を付けなければいかないか、現役の移動販売車・キッチンカーを持つ先輩にインタビューし注意点を聞いてきたことをまとめていきたいと思います。

中古車の場合

移動販売車・キッチンカーは、新車でも中古車でも高額であることは変わりませんが、中古車購入の場合は、車本体と機材のメンテナンスの有無などを確認する必要があります。

車としては、走行距離や車検・保障の有無、修復歴など、そしてキッチン部分として冷蔵庫(コールドテーブル)や水回りなど。

移動販売車・キッチンカーを製作する際の注意点の写真、その2

新車の場合

新車の場合は、オプション。
オプションを加える時は、本当に必要かなど、しっかり吟味していかなくてはいけません。
あれもいるかな?これもいるかも?と不必要な物まで購入してしまい、失敗したという声をよく聞きました。

先輩、移動販売車・キッチンカーの方の多くが、
「そんな高価な器具は要らなかった」
「可愛くしようと車のラッピングに力を入れ過ぎた」
「小物を買い過ぎたし、必要なかった」。
など、最初にお金をかけ過ぎ、本当に必要な運転資金がギリギリだったなんて声を聞きました。

製作会社に依頼するときは・・・

移動販売車・キッチンカーを製作する際の注意点の写真、その3

製作会社に依頼する時もコツがあります。
移動販売車・キッチンカーに関する細かな専門用語の勉強はいりませんが、担当者との話がスムーズに理解できる程度の勉強は必要になります。製作会社に丸投げだと「こうすればよかった!」、言われるがままに設計したら、不要なオプションが色々あったなど、自分がイメージした物と違うことになります。

自分のこだわりを形にした移動販売車・キッチンカーを手に入れるには、しっかり時間を掛け製作依頼をする会社探しを含めた知識を増やす勉強を苦に感じないことが大切です。

そして安易な情報に騙されない注意深さも必要になります。インターネットで調べれば何でも簡単に情報が手に入りますが、その情報は本当に正しいのか?など情報を見極め、情報に振り回されないことも大切です。見学会に参加したり、移動販売車・キッチンカーを製作してもらった経験を持つ人に相談してみたりするのも良いと思います。

実際に移動販売車・キッチンカーを製作する際は、複数の製作会社に相見積をしてもらうことをおススメします。しかし値段が安いだけで、「この製作会社に決めた!」と値段だけで決めるのはおススメしません。なぜこの値段なのか?他社とどう違うのか?を見て納得のいく会社を選んでください。

移動販売車・キッチンカーを製作する際の注意点の写真、その4

いかがでしたか?

事前に自分の中でしっかりとした基準を持っていれば、迷った時や不安になった時にも冷静な判断が行えると思います。